再就職支援制度を利用する

女性

再就職の不安を解消する

東京では、現在も保育園の需要が増えています。保育園の新規開園数も増加していますが、待機児童問題解決には至っていません。そして、もう一つの問題は、慢性的な保育士不足です。保育士の求人に対する応募は、一定数あるものの、まだまだ足りない状態が続いています。しかし、一方で、潜在保育士と言われる有資格者の数が多いのも事実です。保育士資格がある人は求人に応募しやすい状況があるのに、このような状態が続くのは、保育を取り巻く環境が年々変化しているためと言われています。そのため、仕事のブランクが長い人が再就職しにくい環境が出来上がっているのです。そこで、東京を初めとする自治体の多くで、保育士の再就職支援制度を導入するようになりました。東京では、中高年世代にも手厚い制度を設けています。この制度を利用して、再就職の求人にトライする人も確実に増えています。また、求人によっては、再就職支援講習とセットにして募集を行う所も増えています。資格がある人が再び活躍できる制度は、人材の活用を増やしています。このこの制度により再就職できた人の数も年々増加しています。中高年世代の保育士資格を持つ人には、またとないチャンスの一つにもなります。さらに、東京都内では、保育士の他に、幼稚園教諭の免許を持つ人にも門戸を広げています。保育士不足の折、幼稚園教諭の有資格者にも保育園勤務ができる措置を講じている所も増えているためです。保育士、幼稚園教諭の免許を持つ人は、このような情報を有利に利用してもらいたいところです。

Copyright© 2018 最近需要が高まっている保育士職【転職時のチェックポイントとは】 All Rights Reserved.