理想の洗顔石鹸はランキングで巡り会える|お肌に優しい成分

化粧水から見直そう

化粧水

化粧水の選び方

敏感肌の特徴は、水分と油分がすぐに蒸発してしまう、乾燥肌状態になることです。乾燥肌の中でも、肌の免疫力が低下し、トラブルが引き起こされる状態になっていることを指します。このような敏感肌に対して、どのようなケアが必要なのでしょうか。もちろん、体質や遺伝的な部分もありますが、特に普段の洗顔後に使う化粧水は、自分の合ったものを選ぶことで、肌質の改善を図ることができます。選び方のポイントは、なるべくシンプルな配合成分になっているものを選ぶこと、保湿成分が十分に配合されているものを選ぶことです。また、肌の免疫力を高め、維持してくれるビタミンBやビタミンCが配合されているレモン、ゴーヤ、ピーマンなどの果物や野菜を摂取するようにしましょう。

化粧水の使い方

また、化粧水の効果的な使い方があるのをご存知でしょうか。まず、洗顔が終わったあとは、すぐに化粧水を使いましょう。水分と油分の蒸発するスピードが早いので、放置するのはNGです。また、使う化粧水は、適量を出したら手全体で温めてから使いましょう。体温と同じくらいの温度になっている方が、肌への浸透が早くなります。頬の内側から外側に向かって、3秒ずつ手で包み込ようにしてなじませましょう。次に、敏感肌には化粧水の二度づけがオススメです。2回目に100円玉大の化粧水を手に取ったら、額と顎、目元に使います。どうしても頬の毛穴も気になるところですが、敏感肌の場合はTゾーン周辺のトラブルが多いので、重点的に化粧水を補いましょう。